ひとりごと

ひとりごとを心の中から外に出してます。

お気に入りの飲み物 水

今週のお題「お気に入りの飲み物」

 

お気に入りの飲み物とはなんぞやということだが、もうこの答えは1つしかない。

 

「みず」

 

ええ、みずです。

 

水です。

 

MIZUDESU.

 

大学位までお茶とか味がついてないと嫌だったはずなのにいつのまにか水か大好きになってしまった。

 

どのくらいかって?

 

職場で2リットルのペットボトルで飲むくらい好き。

 

いや、好きというか気に入っている。

まさにお気に入りの飲み物である。

 

味がないと口の中もすっきりするし、ごくごく飲める。健康にわるいことも気にすることないし、ぬるくなっても飲める。

 

味がついてると口に味を感じるし、ぬるくなるとまずくなることも多々ある。炭酸飲料のぬるくなったやつなんて最悪だ。

 

じゃあお茶だったら関係なくねって、書きながら思ったけど、やっぱりなんか違うんだよね。お茶もすっきりするけど水の方がもっとすっきりする。

 

人間の70%は水でできてるというし、一番体にいい気がする。安くてどこでも手にはいるし。

 

お気に入りの飲み物は水!です!

 

以上!

 

コメダ珈琲にて土地代というものを感じた。

みなさんカフェとかよくいったりします?私は週に1回位行ったりして、本を読んだり時間を潰したりする。その中でもコメダ珈琲は落ち着いて滞在できるから結構好きな方。味噌カツサンドとかも美味しいし。

 

ついこの前、渋谷で午前中から仕事があって、昼に差し掛かったから外で昼を食べることになり、コメダ珈琲に行ってみた。コメダ珈琲のメニューにそこまでに安いイメージはなかったけど、渋谷のコメダはめっちや高くてびっくりした。

 

チェーン店だし、いつも行っている店舗と変わらない値段だろうなと思って入っていったのがいけなかった。そこはなんと味噌カツサンドが980円、珈琲一杯も600円もしていた。

 

衝撃だった。これが東京かと。これが渋谷かと。田舎者の私にはランチにそんな高い値段は出せないと思ってサンドイッチ900円のものだけ頼んで、飲み物は水。

 

ああ、恥ずかしい。笑

 

でも仕方ない。ランチにそんな高い金は出せない。出せても1000円までかな。ちょっと渋谷でご飯食べようとしたのがいけなかった。チェーン店だとたかをくくっていたのがいけなかった。

 

無難に松屋にしておけば安い値段でご飯も溝汁もセットで。美味しく食べることができたはずなのに。

 

ただ、確かに値段は高かったけど、他の店舗よりも高級な感じがあった。とても居心地がよかった。窓際の1人席でゆったりとした椅子があって、隣の人との間にはしきりがあった。1人で使うには充分なスペース。

 

前にはタッチパネルの注文できるやつが置いてあってそこから注文ができる。席にはコンセントもあって充電ができた。隣の人はパソコンひろげてなにやら作業をしていた。

 

自分も1度でいいからあんなところでパソコンひろげてみたいと思った。

 

最後に注文したやーつ。(食べかけ)
f:id:you3trial:20190408211441j:image

 

おいしかったなー。

 

 

 

車を持たない生活

車を買ってからもうすぐ4年が経過する。社会人になって半年で車を買ったから、社会人生活のほとんどを車がある生活を送ってきた。今ではちょっと買い物行くにも、送り迎えに行くでも遠出するにも車を使ってる。飛行機で旅行に行ったときさえ、現地でレンタカーを借りて、観光している。

 

もはや車がない生活なんて考えられない。車がなくなったらどれだけ行動範囲が狭まることか。でも、時々ニュースでも見かける「若者の車離れ」。車を持たない生活ってどんなんだっけ?

 

どこかにでかける時は車じゃなくて電車を使っているのかな?買い物は徒歩圏のスーパーかな?

 

友達と遊ぶときはどこかで集合するから電車になるのか。最近友達と遊ぶこともほとんどなくなっているから、電車でどこかいくなんて仕事くらいしかない。

 

買い物行くにも週末にまとめてかご一杯買うから、近くのスーパー行くにしても車があった方が便利だ。

 

車を持つと維持費が結構かかるからきついけど、それ以上のリターンはあると思うんだよなー。

 

みんな!車買おう!

今週のお題「桜」

今週のお題「桜」

 

今週のお題桜について、「さくら」と言ったら思い浮かぶのは、ケツメイシのさくらが真っ先に思い浮かぶ。

 

小学生だか中学生の時に友達の家に行った時にCDを持っていて、CDプレーヤー?に入れて聞いていたのにすごいかっこよさを覚えた。

 

そのあとMDプレーヤーを買ってもらって、そこに友達から借りたケツメイシの「さくら」を入れてずっと聞いていた。

 

「さくら」がいい曲だと思っていたこと、MDプレーヤーで音楽を聞くことがかっこいいと思っていたこと、曲数がほとんどなくてループしてずっと聞いていたことが要因で、春が訪れるとこの曲を思い出す。

 

さくらソングが今も昔もたくさんあるけど、多分この先もケツメイシの「さくら」がずっと一番だろう。

SEはプログラミングがわからなくていいのか

今の仕事はいわゆるSE、システムエンジニアだ。コンサルの仕事と言われて入ってみたらSEだった。今の仕事にさほど不満を持っていないからいいけど、ここまでシステム系の仕事をすることになるとは思ってもいなかった。

 

入ってから1年ほどたって社内のシステム(アプリ)に関する知識はそれなりに身についた。IT知識についても全く関わっていない人と比べたらある方だと思う。

 

この程度の知識で今の仕事はとりあえずできる。まあ、正確にはシステム以外の知識が結構必要なわけだけど。

 

つい最近バグが見つかった。ある程度

 

みの原因に近づいたところでプログラマーに依頼して、詳細な調査をし

てもらった。

 

ここで、1つの疑問。

コード読める位の知識があれば色々と便利じゃない?

 

SEはプログラミングの知識が欲しいと思わないのか

 

SEやってる人ってプログラミングの知識があったらーとか考えないのだろうか。私の職場に限ったことかも知れないが、コードを読める書ける人はほんの僅かしかいなくて、大多数がほぼ読めない。

 

もちろん日常業務においてはほぼ必要ないし、プログラマーに依頼すればいいから事足りる。

 

でも、バグが発生してる時だったり、ちょっと動きがわからなかったり、仕様書に記載がなかったりしたときに、その都度依頼をしてだと結構めんどくさかったりする。

    

こんなとき、もしコードが読めたら自分で完結できるし、時間も短縮できるのにと思う。

 

SEの仕事は?

SEの仕事ってなんだろうか。ユーザーの要望をシステムにおとしこむところまでが仕事なら、確かにプログラミングがわかる必要はないし、開発自体は依頼すればいい。

 

しっかりと住み分けが出来ていた方が効率的なのは理解できる。自分の仕事に注力できるから。

 

そういう意味ではSEにプログラミングの知識は不要なのだろう。

 

周囲の仕事がわかった方が何かと便利かと

自分の仕事に集中して取り組むのは大事なことだと思う。だから、システムにおいてもしっかりと住み分けされていた方がいい。

 

ただ、システムに限った話ではなく、周囲の人の仕事を知っておくことで、自分の仕事の先を考えて、仕事をできると思う。

 

これは社会人になって初めて銀行に勤めた時に強く感じた。銀行は部門が明確に分かれていて、自分の仕事が次の人の仕事に繋がっていることがよくわかった。

 

SEの場合、ユーザーの業務知識があるほうがシステムに落とし込むときに有利だ。だったら、逆もしかりで、プログラミングを依頼するときも、知識があればどのようにしたら効率の良いシステムが出来上がるかを考えることで、お互いにプラスに働く。

 

別に極める必要もないけど、そのように小さな理解があるだけで、お互いに思いやりを持って仕事ができるし、結果的に効率的な仕事ができると思う。

ちょっとしたバグを見つけた時だって、すぐわかればすぐにユーザーに対して答えることができるし、使用が不明な時も自分で理解ができる。

 

繰り返しになるが、私の職場の大多数はコードが読めない。だから、少し読めるようになるだけで、ほかの人にはないスキルを持つことができて、会社でもユニークな存在になることができる。

 

私は単純にプログラミングがおもしろいし、仕事に役立つと思うから、プログラミング知識を身に着けていきたいと思う。

 

毎月1つのことに集中してみる

《1ヶ月間1つのことに集中する。》

 

これを今年度からやってみることに決めた。1ヶ月1つのことに集中して取り組めばそれなりの上達が見込めることを想定している。

 

情熱を1つのことに注ぎ込む

今まで色々なことに手を出してきて、これ極めたいあれ極めたいだの思ってきたけど、結局どれも中途半端に終わってきた。 

 

始めた直後の情熱はあるけれど、すぐに別のことに興味が移ってしまい、情熱が分散されて、次第になくなっていく。

 

情熱を持っているのは本当にちょっとした期間の間だけ。もしそれが継続できていたのなら、私はきっとエリートになっていたはず笑

 

しかし、それができていないから今こうして中途半端な凡人になってしまった。どれも中途半端だから、自分に他人より誇れる何かなんてないし、それが自分の自信のなさの原因になっている。

 

「何をやるか」より「何をやらないか」

よくこんな言葉をきく。「何をやらないか」

時間は平等に与えられてかつ限りあるもの。その中であれもこれもと手を出していたら、その道を極めることはできない。

 

天才ならうまくできるだろうけど、天才じゃないから1つのことにはしっかりを時間をかける必要がある。(むしろ、時間の使い方がうまくて、要領がいい人が天才なのか?笑)

 

色々なことを極めたいと思うし、自分ではそれらを平行して進めることができると思ってた。しかも、平行してやることで、相乗効果が生まれてさらなる上達に繋がると思ってた。

 

けど、現実は違った。平行なんてほんの数日しかできないし、相乗効果なんてほぼ実感できないし。

 

だから、やめる。1つのことだけをやる。

 

1ヶ月で上達できるか?

できる!

 

はず!

 

1ヶ月1つのことに集中できれば、それなりの上達は見込めるはず。

 

毎月1つのごとに集中すれば、2019年中にはあと、8つのことに時間を割くことができる。2020年になる前に8つの新たなスキルが身に付いているはず!

 

まあ、これはある意味実験的なことだから、ある程度の上達が実感できればよし。1つのことに1ヶ月集中することの方が大事だと思っている。

 

それはつまりその事以外はやらない。集中力を分散させないこと。

 

何をやる?

やりたいことはいくつかある。

ブログ、プログラミング(細分化予定)、OS勉強、資格勉強等々。

 

今月(4月)はブログに集中することにする。2年前位から興味を持ってそこからほとんど進歩がみられない笑

 

収益化とか、考えていたけどそこに辿り着く前で、そもそも何も書けない。

なので、1ヶ月はとにかくブログに集中する。それ以外のことには手をつけない。

 

さあ、がんばって行きましょう!

年収が上がるってさ

同じ職場の同年代Aさんが4月から新しい職場へ転職するとのこと。大して親しくもないし、興味もなかったけど、1度複数人でのみにいったことがあったからか、向こうから教えてくれた。

 

理由はお金だと。

今の職場は若手の年収が結構少ない。年齢を重ねればそれなりにもらえるようになるけども、若手の内は厳しい。特に手当てがあるわけでもなく、残業で稼ぐ文化なのに、今や働き方改革うんぬんで残業もしにくいから残業代が稼げない。にもかかわらず、給料がかわらないからそりゃ年収が厳しいものになるよね。

 

もちろん残業が減ることは素晴らしいことだし、自分も仮に年収がそこそこ貰えているのであれば残業なんて一切したくない。むしろなぜ残業するの?って思う。

 

けど、今の年収で奥さんを養いながら生活していくのは、なかなかに厳しいものがある。毎月家賃やら奨学金光熱費食費で飛んでいってしまうから貯金に回せる額なんてほぼなし。むしろちょっと旅行にいったらすぐに赤字。ならば少しでも残業代を稼いで、生活を楽にしたい。

 

残業代稼ぎは無駄だとしか思っていなかったけど、まさか自分がなるとは笑

そしてそこには色々と事情があるのだなあと痛感。

 

ということで、話は戻るがAさんが転職すると年収が100万円ほど上がるそうな。

 

うーん100万円か。。。笑

 

 

100万円で満足?

100万円で満足できるのか?いや、もちろん今の職場にいて、次年度から100万円給料アップだよ!なんて言われたら小躍りして喜びますけどね笑

 

過去に転職していった人達の話を聞いていると150とか200とかっていう話を効いていたから、あー100アップねー、と関心が少し薄い。

 

100万円年収が上がったら、税金を抜きにすると約8万円月収が増える。8万円かー。やっぱりこれも転職せずの昇給ならば小躍りもんでしょう。

 

でも、転職して月に8万円アップでなおかつここに税金が掛かってくるとなるとはたしていくら手取りが増えるんでしょうね。

 

そして、その増えた給料でどれだけ生活が豊かになるんでしょうね。Aさんはそれで満足できるのかな?

 

 

転職リスクは?

Aさんがいくと言う会社を調べてみたら中途入社で給料上がった人を見たことがないとの口コミがあったりした。真偽のほどはよくわからないけど、転職時に年収アップで釣って昇給なしとかよくありそうだなと。

 

転職時に年収が上がってそれ以降あまり上がらないのであれば転職しない方がいいのかなと。先程も書いたけど今の会社は年齢を重ねればそれなりに貰える。一般的な会社と比べたらそこそこだと思う。

 

だから、結局トータルでいったら転職しない方がいいのかなと。それに新たな業務を覚えなきゃいけないわけだし、やることはそこまで変わらないのかな?詳しいことは知らないけど業種は同じだからどうかは知らないけど、その仕事が自分に合わないリスクもある。

 

人間関係も1から作らないといけないし、嫌な上司に当たる可能性もある。そういったもろもろの事を考えると転職はやっぱり慎重になる必要がある。AさんもAさんなりにしっかり考えて、お金だけじゃない面も考えて決めたんだろう。(理由を聞いたら年収が100上がるからと言っていたが、きっとそれだけじゃないはず。興味もないから深いことは聞かなかったけど。)

 

仕事自体は今とさほど変わらないから、本当に転職にお金だけ求めたんだろうなーと思った。

 

100万円という理由だけでは転職しない

 自分だったら100万円じゃ転職はしないかな。今の職場に対してお金以外に大きな不満を持ってるわけでもないから、それを超えるメリットがなければわざわざ転職はしない。Aさんはお金以外にも不満がいろいろあったのかな。きっとそうなんだろう。仕事が合わなかったんだろうな。

 

特に引き留めもされなかったっていう話も聞いたから、あまり期待もされていなかったんだろう。合わないし度とを無意味にやり続けるよりは年収上げて新たな仕事に向かっていったほうが得策だよね。

 

 

 

ああ、今の職場で年収100万円あがってくれないかな。